英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

中日両国における母親像の比較探讨―教育ママを中心に―

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-09-04编辑:vicky点击率:131

论文字数:35262论文编号:org202108291431229369语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本语言学论文

摘要:本文是一篇日本语言学论文,本论文通过质的采访调查,以中日两国被称为教育妈妈的母亲日常分工的特征及其差异为焦点,从近代家庭的理论观点分析差异的原因。

本研究以中日两国教育妈妈的分工方式为焦点,对中日两国教育妈妈进行了半结构化的访谈调查。由于硕士课程的时间限制和新型日冕病毒感染症的影响,不能对很多研究对象进行调查。从14人的调查结果来看,中国和日本之间是否存在着“分节化”这一明确的区别呢。成为教育妈妈后,会给母亲和家庭带来什么样的影响呢?关于这一点的阐明将作为今后的课题。


第一章 中日両国における「教育ママ」の登場


一、中国で教育ママが登場した原因

(一)産業構造の転換による性別役割分業の形成中国では、1980 年代から、近代化を加速させるために、様々な分野で一連の改革を推進し始めた。まず、経済分野に市場競争原理を導入し、改革開放という政策を実施した。その政策により、経済が発展するとともに、女性は家に戻って余剰労働力を減らすべきだという主張も出てきた。そのため、女性は「夫の世話をし、質の高い子どもを育てる」という主婦になるべきだと考えられ、「女は内、男は外」という性別役割分業が形成されるようになった。

それと同時に、中国は、1950 年代から実行していた「家事労働の社会化」政策を打ち切り、さまざまな福祉分野から切り離されている。女性にとっては、家庭と仕事の両立を図るための政策的な保障をが失われ、同時に家族の労働力再生産の責任も負わなければならないようになったということである。市場、国、家族の相互作用によって、一人っ子の母親たちは徐々に一人の子供に優先順位をつけるようになった。

(二) 一人っ子政策による教育投資の向上

経済改革が急速に進むうちに、少子化による近代化を促進するという理念に基づいて、一人っ子政策を実施し始めた。この政策が実施された後に生まれた子どもたちは、「国の近代化を推進し、家族階級の上向き移動を実現する」という二重の役割を負っている。

そのような背景の中で、一人っ子はスタートラインで負けてはいけないという教育理念の下、「教育ママ」という母親像が登場した。現代でも見られる「早期教育ブーム」は、子供の教育がますます重視されるようになった好例である。子どもが集団の中でチームの劣等生にならないように、母親も「教育ママ」になろうと努力し、一人っ子が成功への道を歩めるように頑張っている。子どもの教育に対する投資のことを「希望を買う」という表現まで現れている(林暁珊,2018)。教育は、世界中で生き残り、グローバルエリートを育成するための階層移動手段としての役割も強まり、中間層は、教育は子どもたちのより高い地位を手に入れるための賢明な選択だと信じている。(落合,2010:127)。一人っ子である「小さな皇帝たち」は、家族の流動を実現する役割を担っているため、家庭が豊かになるかどうか、親たちはその「投資」に自分の力を尽くしている。教育ママは、家庭の唯一の希望として、子どもが激しい競争システムの中で成功できるようにすることに全力を注がなければならないのである。

............................


二、日本での教育ママが登場した原因

(一)女性の教育レベルの向上

教育が国の近代化プロセスを促進する中で持つ重要な役割が重視されると、女性の教育レベルも向上した。先述のように、江戸期から昭和期にかけて女性を対象にして編纂された「女訓書」のテキストの中では、理想的な母親像が触れられておらず、ただ妻や花嫁が果たすべきことなどが記述されているだけであることが明らかにされている。しかし、寛政の改革以降、幕府は学校教育を統制し、家庭教育における母親の役割を重視するようになったという。その後の、新政府も、「家政科」を設置し、女性が「良妻賢母」になりやすい教育を行った。

その結果の一つとして、日本の女性の小学校入学率が、1895 年の 45%から1900年には70%に上昇し、女子の中等教育機関への進学率が、1935年には17%であったのが 1940 年には 22%となっている。また、1947 年には、六・三・三・四制の単線型学校教育体系と、中学校までの義務教育制度という教育基本法が定められた。そのあと、中学校が義務化されただけではなく、その上の高等学校への女子の進学率も 1950 年の 37%から、1955 年の 47%というように上昇している。このような、女性の教育レベルの向上からも、母親たちが子どもの教育の重要性に高い関心を示し始めていたと言えよう。

................................


第二章 中国における「教育ママ」の役割と教育目的


一、「7歳児神話」から「3歳児神話」へ

大日向(2000)によれば、「3歳児神話」とは、「子どもが小さいうちには、特に三歳までは母親が子どものそばにいて、育児に専念すべきだ」という考え方であり、この育児理念は日本で非常に一般的である。[1]これに対して、宮坂(2012)によれば、「7歳児神話」とは、「小さい時は誰が育ててもかまわないが、子どもが七歳時に小学生になったら、親が子どもを教育すべきだ」という考え方である。[2]中国における研究の中には、7歳児神話を「小学生の神話」と呼ぶものもある(例えば周维宏,2010)。7歳児神話という育児理念は、中国女性のキャリア選択に大きな影響を与えている。実際に、落合(2005)によると、中国女性が仕事を辞めて、家に戻る時期は、子どもの幼い頃ではなく、子どもが小学校に入学する時であるという。

では、本研究のインタビュー対象者の産休や育休の状況を見てみよう。インタビュー対象者7人のうち、子どもが幼稚園に入園してから職場に復帰した母親は 4 人であり、教師である 2 人の母親は、6 カ月間の産休を終えてから職場に復帰したという。彼女たちは勤務時間が短く、親族から子育てのサポートも得られたので、子どもと一緒に過ごす時間は十分にあったと言える。しかし、そうでない母親たちは、子どもと過ごす時間を確保できなくても、仕事と育児のバランスを取りながら、さまざまな「戦略」を実行している。

表 2 中国側母親たちによる教育ママという母親像への評価

表 2 中国側母親たちによる教育ママという母親像への評価

.......................


二、子どもの日常生活と教育管理の分節化

中国の家庭には「親が子どもを育て、子どもが親を養う」という世代間の助け合いが重要な伝統として存在する(肖索未,2014)。しかし、現代化と個人化が進むにつれて、かつて生産と再生産という機能をかねていた大家族が徐々に核家族になりつつあると同時に、家族はプライバシーの中心や個人の避難所ともなっている(閻云翔,2009:11)。また、それによって、世代間の助け合いも一層緊密になっているとされる(沈奕斐,2020)。

本研究では、世代間の助け合いが緊密になると同時に、助け合いの分業の内容も论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非