英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

概念迁移视角下日汉隐喻翻译过程的研究

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2021-02-18编辑:vicky点击率:85

论文字数:27855论文编号:org202101262145372071语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日语论文选题母语概念迁移翻译认知过程隐喻翻译

摘要:本文是一篇日语论文选题,本研究实施翻译实验,围绕日中隐喻翻译的认知过程进行探讨,以中文为母语的译者在将日语隐喻表达翻译成中文时,将译文的正确度、翻译策略的选择以及“理解-意思的解释-表达”翻译专业中的特征,分别进行了考察。结果如下。

本文在日中隐喻翻译的过程中,译者翻译三种类型的隐喻表达的正确度有显著的差异(p<0.001)。另外,根据试验对象内效果的检定结果,在“类似对等”组和“不对等”组这两组之间存在翻译正确度的有意义差(p<0.001),但是没有“不对等”组和“日语特有”组这两组之间的翻译正确度的有意义差(p=0.416>0.001)得出了这样的结论。并且,得出结论,“类似对等”组的隐喻表达比“不对等”组和“日语特有”组更容易理解,能更准确地翻译。

第一章 先行研究と目的


1.1 概念メタファー理論

概念メタファー理論は認知言語学における重要な理論成果の一つとして、本来 Lakoff と Johnson が共同編集した「Metaphors We Live By(1980 年)」で提出された理論である。以前、メタファーはある修辞手段として見られていたが、現在、認知言語学の発展につれ、認知モデルの大切な一種として認められるようになっている。メタファー表現は日常の言語の中に満ちている。George P. Lakoff と Mark L. Johnson が「Metaphors We Live By(1980 年)」で述べているように、言語上であれ思想や行動上であれ日常生活にはメタファーというものがどこにもあり、我々の思想や行動による概念システムそのものがメタファーを基本としている。

当該理論では、メタファーとはある具体的な概念領域間からある抽象的な概念領域間への写像として考えられている。メタファーは言語表現の側面ではなく、思惟の側面からみるものの捉え方の問題であり、思惟方式と認知手段であることで Lakoff が概念メタファーと名付けたとしている(李福印,2008)。Lakoffは素材領域(source domain)と目標領域(target domain)という二つのドメインの間の写像(mapping)およびイメージスキーマ(image schemas)を通しメタファーを解釈する。Lakoff の考えでは、メタファーの本質といえば、ある物事を用い、目の前の物事を理解し体験するということである(Lakoff G. Johnson M., 1980)。つまり、メタファーは人にとってよく知られているさらに理解しやすいソースドメインからよく知らないかつ理解しにくいターゲットドメインへの写像である(盤秋梅,2019)。

....................


1.2 メタファーの主観性

主観性はメタファーの基本かつ必須の特徴と見なされ、人類が世界を認識する基本的な認知方式であり、規則性、システム性、非対称性、抽象性という四つの特徴があると Saeed J.I. (1997)が述べている。メタファーの主観性について以下の三つの面から現れていると劉陽娟(2017)はまとめている。

第一、言語は主観性にかかわるものである。主観性なしの言葉はほとんどない。第二、人はメタファーを言い出す主体として知らず知らずのうちに主観性を巻き込んでメタファーを用い、ものを表現している。第三、メタファー表現が生まれると聞き手がメタファーに対する推測や理解にも主観性がある。聞き手は交流する場の様子から推理しながら話す主体(話し手)の意図を出来る限り究明しなければならない。

Lakoff(2005)は「メタファーは人の概念的な写像に存在しているが、その意味は必ず人の考え方と関わっている(筆者訳)。」と主張している。メタファーの目標領域と素材領域の間には必ず物理的な類似性および心理的な類似性を有していると王文斌(2006)が指摘している。このような二種類の類似性は人類の思惟の中に発生している類推、判断、推理という活動とは離れないということで、ある程度の主観性や感受性を持っていると邵トウ(2019)が分析している。他には、朱煒(2008)、魏在江(2007)、曹火群(2008)などにおいてもメタファーの主観性が論じられている。以上のことで、メタファー表現には概念的な意味を持つのみならず、メタファー表現を通して発話者の主観的な態度および表したがる意味を読み出すことが可能であると邵トウ(2019)が論じている。

図 1 言語別に見るメタファー翻訳研究の比率

........................


第二章 研究方法


2.1 実験参加者

本研究では、広東省における SCUT 大学の日本語翻訳専攻の一年生 9 名(男性 1 名、女性 8 名)を研究対象とした。年齢は 21 歳から 24 歳である。実験参加者は全員の母国語が中国語であり、そして日本語能力試験一級に合格した。日本語学習時間は平均 5 年間であり、9 人とも日本に留学した経験がなかったということである。また、実験参加者はコンピューターを上手に使用することができ、実験への参加を志願し、一定の報酬を得た。

実験参加者の具体的な基本情報は以下のようである。

表 2-1 実験参加者の基本情報

..........................


2.2 実験材料

概念移転の発生の判断基準を統一し、それを容易に判断するために、本研究の実験材料の選択は裘晨暉(2016)における「概念移転」の定義に従って、「日中両言語におけるイメージが類似 対等」(以下「類似 対等」という)、「日中両言語におけるイメージが不対等」(以下「不対等」という)、「日本語にはあり中国語にはなし」(以下「日本語特有」という)という三つのタイプの日本語メタファー表現を分けている。裘晨暉(2016)は、概念移転が発生するか どうかということは異なる言語間の概念が対等であるかどうかを通じて判断するものであると提示している。具体的には、概念が対等あるいは類似的対等の場合、正の移転が発生し、また概念が部分的に対等の場合、正あるいは負の移転が発生する。概念が完全に不対等の場合、負の移転が発生する。したがって、本研究では、主に、これら三つのタイプの日本語のメタファー表現を翻訳する際の翻訳認知プロセスに焦点を当てている。

本研究の実験材料は33のメタファーを含む日本語文30個である。そのうち、「類似 対等」、「不対等」、「日本語特有」という三つのタイプの日本語メタファー表現がそれぞれ 11 個となる。その中、実験材料の内容が及ぶ分野といえば、経済、政治、生活などあらゆる側面をカバーし、実験材料も日本語専門家の指導のもとで選び、いずれの適切さも確認された。

..........................


第三章 研究結果................................16

3.1 メタファー翻訳の正確度について ..........................16

3.2 メタファー翻訳ストラテジーの選択について .......................18

3.3 メタファー翻訳の認知プロセスについて........................21

第四章 結果の考察および今後の課題.....................25

4.1 研究結果の考察 .................................25

4.1.1 メタファー翻訳论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非