英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本经典毕业论文设计范文选:日本の住宅から見る日本の自然環境

论文作者:英语论文论文属性:本科毕业论文 Thesis登出时间:2012-04-11编辑:lena ding点击率:8337

论文字数:6111论文编号:org201204111044476861语种:中文 Chinese地区:日本价格:免费论文

关键词:日本の住宅特徴日本の自然環境環境共生住宅環境問題

摘要:谈及日本住宅,我想人们似乎都会联想到日本的木文化。或许,人们也会想到其住宅的抗震性及收纳性的功能等等的特征。事实上,我们可以说这些特征多数都和日本的自然环境有关。比如,几乎所有的日本建筑里都添有防震材料,而此特征是因为日本是地震发生频繁的岛国。本文由日本的住宅特征来探索研究日本的自然环境。目前,日本已提出“环境共生住宅”这一新理念。所谓“环境共生住宅”,是在充分考虑到地球环境及周边环境之后来实现舒适居住环境的住宅以及居住环境。全球变暖及酸雨等全球范围性的环境问题至今已成为国际的重要课题。各国都被迫采取相应的具体对策,人们都在为保全地球而努力,尽量和周围的环境融合,实现身心聚健的居住场所。

日本の住宅から見る日本の自然環境

 

主 旨

日本の住宅というと、皆、木に関する文化を思い出すそうだと思う。そして、その住宅の耐震性や収納の効用などの特徴を思い出すかもしれない。実は、そういう特徴は多くは日本の自然環境にかかわっているといえる。例えば、日本の建築にはほとんど耐震材料を加えるという特徴は日本列島が地震の多くある島国からだ。この文章は日本の住宅の特徴から日本の自然環境を研究しているものだ。
今、日本は環境共生住宅という新しい理念を提出した。環境共生住宅とは、地球環境および周辺環境に充分な配慮を行った上で、快適な居住環境を実現させた住宅および居住環境のことである。温暖化や酸性雨など、地球規模での環境問題はいまや国際的な重要課題です。各国とも具体的な政策による対応に迫られています。皆も地球環境の保全に努めて周辺環境と調和して心と体に健康な居住環境を実現してきます。

 

キーワード:日本の住宅;特徴;日本の自然環境;環境共生住宅;環境問題

 

目 次
始めに……………………………………………………………3
1.日本の住宅特徴…………………………………………………3
2.日本の自然環境の特徴…………………………………………5
3.日本の住宅の特徴からの分析…………………………………5
3.1  日本の住宅と日本の自然環境……………………………………5
3.2  将来の住宅の発展方向―日本の「環境共生住宅」…………………6
終わりに…………………………………………………………7
参考文献…………………………………………………………8

 

始めに
地球環境に対する配慮
日本国を例に挙げると、1960年代以降に進められた木材輸入の自由化政策により、住宅建設の為に使われる木材に占める外国産木材の割合は1990年代には2割を切ることになった。その結果、日本で消費される大量の安価な木材の供給源となった東南アジアや北アメリカの原生林は乱伐の対象となり、広範な環境破壊が発生した。一方、輸入材に対する価格競争力を持たなくなった日本の森林は殆ど利用されることなく放置され、スギ花粉症などの環境問題が発生することになった。
また高度成長期以降の日本の住宅寿命は、1999年の資料では37年であり、イギリスの141年、フランスの103年、ドイツの57年に較べて著しく短い。更に日本の住宅解体は「ミンチ解体」と呼ばれる、資源の再利用を行わない解体法が主流であるため、大量の建築廃材が産業廃棄物と化してしまう。
こうした諸問題は、国産材の積極的な利用や住宅寿命の長期化、分別リサイクルしやすい工法などを用いることで対応することが可能である。
そして、日本は環境共生住宅という新しい理念を提出した。環境共生住宅とは、地球環境および周辺環境に充分な配慮を行った上で、快適な居住環境を実現させた住宅および居住環境のことである。これから、この文章は日本の住宅の特徴から日本の自然環境を研究してきる。

 

1、日本の住宅の特徴
昔の木造家屋は、「夏向き」の家でした。すき間風が家の中を通り抜け、冬の寒さは身にこたえたものです。でも、家の中の空気が常に入れ替わり、湿気が外に出されていました。また、工法も、柱や梁を壁の外に出す「真壁づくり」でしたから、たとえ水滴がついても乾きやすく、結露はあまり問題になりませんでした。ところが、断熱材を使い、アルミサッシで気密性を高めた現代の家は、魔法瓶のようなもの。冷暖房効果は格段と高まりましたが、自然換気の回数が減り、湿気の逃げ場を閉ざしてしまうことになりました。工法も、構造材を壁の中に隠してしまう「大壁づくり」が主流になり、壁体内の結露という新たな問題も起きてきたのです。かつて家は、陽道とか風道とか風通しを考えて建てられていたものですが。今だからこそ昔からの住まい方の知恵が必要なのではないかと思っています。ですから家を建てる場合も敷地と相談するということは非常に重要なです。隣に家が建てば、採光や風通しはどうなるのかといったことを動物的感覚で 捉え、次にそれを科学の目できちんと取り入れていく。太陽の動き、受容できる日射量そのデータを使ったシュミレーションなど、ハイテクの利用や部屋をソッと抜けてゆく、そよ風の取り入れ方、やさしい木漏れ日や木陰の作り方、など昔から伝わるローテクの方法、その双方でその土地の持っているポテンシャルを最大限に活かすことを考えることは、ますます大切になってきます。安心して住める住宅をつくるためには、機械力ばかりに頼るのではなくて、その家族に合ったきちんとした方法を提案することです。建て主といろんなことを話し合っていく上で、この家族と、この土地のポレンシャルを生かすための住宅が浮かび上がってくるのではないかと思います。
日本の家屋は、空間の兼用を有効に利用しています。その一つの表れが、障子や襖です。昔の民家でよく見られる室内の構成に「田」の字型の部屋配置があります。8畳や10畳間を基本にして、長方形を構成し、広く使うときには開け放したり、取り外したり、実に有効に利用されるようにできています。この使い方のもう一つの見方に、「ハレとケ」の使い分けがあげられます。「ハレ」とは、晴れ舞台のように表向きの行事などに使われる場合をさします。そして、「ケ」は日常の生活に使われる状態です。洋間の客間やリビングのように使用目的に専科した構造ではなく、日本家屋は、同様な部屋を、異なった目的に使い方で分けていました。障子のほかに和風建築でとっさに思いつく要素は「畳」「ふすま」「座敷と次の間」「茶室」「床の間」「縁側」でしょうか。
日本は、都市計画の建设の中で、耐震防災のデザインをかなり大切にする。こうして、建物などの耐震性と安全性を确保する。例えば、日本の水の溜まるhouse社が開発した「耐震住宅」と「免震住宅」である。「耐震住宅」とは特定の外壁や儲かってる構造と熔接技术を採用し、相当規模の地震の衝撃が納得できる住宅だ。「免震住宅」とは住宅のアーキテクチャの決定的な部位に取り付ける一定数の高い减衰ゴムボール(座、パッドなど)で、地震の力を吸収し、最大限度減らして、地震を防ぐための住宅である。
木材は重要な材料である。日本は、建築資材の開発におけて世界トップ圏であるが、これは日本人が室内インテリアを好むことを変えていない。木の材料は日本人に自然な感じが与えられて、地震带の上に住んでいる日本人にとっては安全な建材である。
細部の文化があります。日本の住宅トイレや浴室は独立した横排気ガス技術を使用する。日本の住宅の中でそのデザインはトイレや洗面室や浴室などを相対的に独立の区域に分割して、お互いの機能も明るくして、常に若者に人気を集めている。浴室内が滑らせて転落するかもしれないので、バスルームと洗面室の間で門を設計して、入浴時の水撒き防止した。燭台内なので、燭台は普通はすべてカーペットが敷かれている。

 

2、日本の自然環境の特徴
環太平洋造山帯、アルプス・ヒマラヤ造山帯には、火山や地震が多く、不安定。大きな平原のひろがるところに長大な河川。日本は環太平洋造山帯の一部で、国土の4分の3は山地。中部地方から東では南北方向に山脈。西側では東西方向にゆるやかな山地が多い。大陸の川に比べ、短くて急流。季節による水量の変化がはげしく、洪水も多い。平野と盆地に多くの人々が住む。河口付近に川の土砂が積もってできた三角州、川が山地から平野や盆地に出るところには扇状地。平野や盆地のなかでわずかに高くなっている台地。山地が海に面しているところに入り組んだリアス式海岸。平野が海に面するところに砂浜海。
日本列島は南北に長い形で海に囲まれ、たくさんの山脈がある複雑な地形のため気象も様々に変化します。太平洋側は夏から秋にかけては梅雨、台風の影響で雨が多く蒸し暑い日が続きます。冬は晴天が多く乾燥し论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

内容 评论人

文章很好就是子算少了些 如果子算多一些访问的人就会更多了呀

2012/4/18 19:06:06

匿名
英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非