英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日语毕业论文精选范文集:男性と女性の言葉使いについての探究

论文作者:英语论文论文属性:本科毕业论文 Thesis登出时间:2012-04-13编辑:lena ding点击率:12042

论文字数:8504论文编号:org201204131045444434语种:中文 Chinese地区:中国价格:免费论文

关键词:男性と女性言葉差別

摘要:在日语的学习中,我们会发现男性用语与女性用语是日语的重要的特点之一。为了更好的学习日语,我们有必要对二者进行研究,本文首先将从生理因素,历史因素,社因素等方面对其二者产生的原因进行论述。其次探究在这些因素的影响下二者在词汇,语法,以及表达方式等方面有什么不同。再次,在当代由于经济社会的变化,思想观念的转变,女性地位在不断的提高,专门的男性用语与男性用语在不断的消失,男性用语与女性用语逐渐趋向中性化,借此机会通过对男性用语与女性用语的研究,以便达到更好的学习日语的目的。

男性と女性言葉使いについての探究

 

はじめに

 同じ物事を指す言葉が、種種の理由によって異なる姿を呈する現象を位相という。それぞれの社会に特有の言葉が分化した結果で、主なものが三つがある。地域的に異なった会社には、方言が行われる。年齢の違いから、幼児語、児童語、成人語、老人語の差が生ずる。性の違いから、男性語と女性語に分かれる。[1]ここでは筆者は男性語と女性語について研究しようと思う。
井出祥子の研究によって、男女の言葉使いの差が大体二つに分かれる。一つはどちらか一方の性によってのみ使われる絶対のものである。[2]「のよ」、「わよ」、「あたくし」などを女性だけが使われる。それに相対して、「ぞ」「ぜ」「僕」なとを男性だけが言われるそうである。もう一つはどちらか一方の性により多く使われる傾向にあるものである。例えば、「ご」「お」などの接頭詞を多くな女性が使われる。なぜ男性と女性の言葉使いは大きな差別があるだろうか。これについては筆者は以下の音素から説明しよう。まずは男女が生まれづきの生理原因、先天的に女性は男性より早く成熟しても感情が豊かそうである。そして、言語はいつもとその国の文化や歴史と関係がある。だから、この方面から見れば古代の日本に男性はずっと高い地位に置かれて、社会中に男性はすべて統制して、もちろん、言語も男性によって掌握する。それから、“男尊女卑”の思想で、女性たちは卑下感に起こられる。その心理原因によって自分を完璧をさせるために特別の女性用語を形成して始める。最後は長い間に人間の思想を固定して、社会道徳や規定によっての社会原因、四つの音素から男女語の原因を分析して見よう。  
 それぞれの原因によって、男性と女性は言葉使いについて、さまざまな区別がある。一般的に男性語が男らしいの言葉を使い、乱暴で漢語が多い、文化的な表現が多い、融通が利かない。 女性語がはっきりして、やさしくて、“和語”をよく言われる。ここでは、筆者は音声、語彙、表し方、から男女用語の差を探究する。その中に、音声は音調、不規則的な変化、省略に分かる。語彙は人称代名詞、終助詞、感嘆詞、漢語四つの方面から説明する。表し方は敬語の使用率、句末の終わり方二つの面に研究する。この説明によって,間違いやすい、迷惑なところを明らかになると思う。
それから、社会は進しんでいる。男女平等の思想を広まって、女性の地位は変わっていく。したがって、女性用語も変わっている。まず、女性は普通の場合にはあまり敬語を使わない、直接に体言や動詞が終わるそうである。それから、女性は漢語の使用率が多くになる、そして、専門の男性用語と女性用語がだんだん消えていて、男性もよく優しい、礼儀が正しい言葉を使う。最後は二人とも、あまり終助詞を使わない。男女語の区別小さくになって限界も少なくになるそうである。
 最後、筆者は将来の男女語の情勢を予測する。昔から、日本人は礼儀が大事なことに見られる、そして、経済の発展につれて、女性に地位がだんだん高くになって、男女平等の地位に置かれて、将来に男性用語と女性用語が消えるかもしれない。みんなは同じできれいで、教養をもつ言葉をいうになるそうである。
筆者はこの研究によって、みんなに日本語を勉強する時にやすくになって、きれいな日本語を習うために、少しとも援助を差し上げたい。今後、筆者もこの目標に頑張る。それから、まず男女用語の差別の原因について説明しましょう。

 

一、男女語の差別の原因

 調査によると、いろいろな原因が男女語の差を起こらせる。まとめて見れば、生理要素、心理要素、会社要素、歴史要素、四つの原因である。

 

(一)生理要素。
 男性と女性の差は生まれづきによって、決まっている。新しい医学の研究によると、言語の能力の発達から見れば、左の脳のは女性が男性より早く発達して、だから、最初に女性のほうがもっと流暢で、感情を含んでいる。そして、新しい言語の実験によって、男女の音声は共振峰に大きな区別がある、音声の性質も性によって違っている。女性が“雅”を求めて、よく昇調を使用して、表情も面白くて、変わりがちである。その他、女性の声帯は男性より薄く、短く、あまり緩くない、この点では、男性のとが違っている。そう言えば、先天的な要素は男女の差の一つの原因である。

 

(二)心理要素。
 古代の日本は長い間に封建社会に置かれて、“男尊女卑”という思想が女性に深く影響に与える。男性はいつも最高の地位にいて、最大の権利を握る。相反、女性は家庭のことをしかできない。女性が男性に付着しなければならない。月日が流れる間に、だんだんこの思想がルールになって、女性はそいう道徳や心理の影響によって、社会であろう、家庭であろう、いつも低い地位にいて、不公平的な待遇に遭う。人々は自分の地位、身分、や性別によって、自分なりの言葉を選んでいる。だから、女性たちは精神の需要を満たせるために、語彙面でもっとも顕著な形で現れたのが⎾女房詞⏌である。この方法として、自分を完美化にさせる。それにこれはも一つの自己保護や自己防御の方法である。したがって、心理要素も一つの原因が男女語の差をもたらさせることである。

 

(三)歴史要素.
 “女性用語”とは女性をしか使わない言葉である“女性用語”という言い方は本来に軽蔑の意味を含んでいる。どの国の言語もこの国の意識形態を反映られる。世界から見ると、同じである。古代から男性が統制地位に置かれて、動揺してはいけない実権を握る。だから、男性を中心としての文化を形成できる。男性と女性は別の言葉を使おうによって、個々の地位と価値観の違うことを主張させられる。日本も同じである。男性は社会の個々方面の支配者であって、社会の全体を掌握して、もちろん、言語は例外がない、したがって、日本文化においては女性は軽蔑を蒙って、低い地位に立って、弱い群体になっている。その他、何千年の“男尊女卑”の封建思想をまきつかれる、これらの原因は女性用語の発展を制約させる。つまり、男女語の差別は深くの歴史原因がある。

 

(四)社会要素。
 誰でも知っている。日本の家庭は直系家庭である。日本人にとって、家はただの存在だけではなく、人々の思想や霊魂を浸みこんでいるものである。家の中に男系の尊族、男性は実験に握る。断じて動揺しない存在で、財産を相続する。こういうふうに家庭の“制度”は男女の不公平を造成している。男女の地位の差別も決めている。明治維新以後にも、この現象も存在している。家の中には、その“制度”によっての身分差もある。妻は夫に絶対に服従して、尊敬して、これは礼儀である。もしそうしなければ、道徳に認めていない行為である。特に女性の地位がすごく低下である。法律で、子とものように財産を相続権、あるいは処置権ができないし、離婚を出すこができないし、子ともの後見人としての権利さえもできない。第二次世界大戦以来、日本はデモクラシーに行われても、長い間に形成して封建主義と保守主義はなかなか消えていない。経済は生き返るから高速増長に渡して、家族は核家族になって、家庭関係も夫婦としてのシャフトの新しいい生き方になっている。でも妻と夫の地位が変わっていない。相反、経済の高度増加のために新価値観が生まれた。一方、夫婦関係は“前後方”というふうになって、男性と女性の関係はもっと固定している。就職とか、参政とかの男性と女性の待遇の差別であろう、家庭の中にの変化であろう、日本には、“男系の尊”という地位が変わらない。女性はやはり低い地位に置かれてる。だから、男女の不公平の社会事実は男女度の区別を引き起こされる。
 つまり、日本の文化、歴史、社会、人々の意識など、いろいろな原因で男女は別の地位にいて、別の役割を担って、別のルールがある。同時に、男女用語に影響して、その発展を制約して、言語に大きな差をもたらす。

 

二、男性語と女性語の区论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

内容 评论人

顶顶顶 顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶顶

2013/4/10 21:36:07

ruka_0110
英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非